KIYO先生

教育×ITで子どもを救う



地球からみた原子力発電所

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ45日目です。

 

 

本日は、Block the Radiation第4弾、

f:id:kiyo-blog1:20190514145311j:plain

です。

  

先月から5月地震警戒情報を発信していた通り、5月10日8時48分、日向灘の地下20キロを震源とするM6.3の地震が発生し、宮崎県で最大震度5弱を記録した。東日本かなという予感があったので、東日本と言及していたが西日本だった。でも、これで終わりじゃない気がするというか、これが令和時代幕開けの合図でこの先のミライの点に繋がっている気がしている。もうないかもしれないが、一応5月は地震警戒である。

 

地震予知を完璧に100%ドンピシャで当てることは不可能なのか。ある程度の未来が決まっているという、科学のチカラでは証明できない不思議なコトがあったとして、地震予知をして未来を言い当てても、その情報を発信し多くの人が認知・警戒することでその未来は変わる。以前から申し上げている量子力学の作用。もちろん多くの人々が不安になる大きな地震は起きない方がいいに決まっている。しかし、地球も呼吸をし、新陳代謝をする大きな生き物。人間でも皮膚が痒いときには爪や指で皮膚をかく。その時、皮膚の上にいる微生物たちにとっては大地震が起きている。それと一緒。花粉症も。人間の体が異物と判断すると、外に出そうとしてクシャミをする。その時、鼻や口の中では大型台風や大洪水が発生し、考えられないぐらいの突風が吹いて、そこにいた微生物や異物は飛ばされる。

 

地球の皮膚という地上で、アリ以下の小さい存在の人間は、地球からしてどのような存在だろうか?

 

ポイ捨てをする人間

=地球を汚す

 

水質汚染をする人間

=地球を汚す

 

放射能汚染をする人間

=地球を汚す

 

自然破壊をする人間

地球の敵

 

人間と同じように地球も排除作用が働きますよね。それが、

 

地震、火山噴火、台風、暴風、大雨、津波

 

の一因と捉え、地球が病気になる原因を綺麗にしようとする自浄作用とも考えられる。もちろん上記の発生を科学的に証明することももちろんできる。そして、このように地球に意思があるかどうかも科学的に証明する事ができればいいので、科学が全ての学者の皆様には是非証明して欲しい。しかし、この世の中、科学で証明できないこともまだまだ多い。ということは、その証明できないという事自体が、不思議なコトや不思議なチカラというものが存在するという証明になる。

 

現代社会の人々は地球に感謝するという気持ちをほぼ完全に失っている。弱肉強食ピラミッドの頂点が人間と答える人が多いが、間違いなく、トップは地球。元々は遠い過去から我々の祖先は地球と共にあり、地球に感謝するという心や精神論を持っていたはず。

 

以前も申し上げたが、私は特定の宗教の一員ではありません。普通に地球に感謝し、先祖を祀り、クリスマスも楽しみ、元旦には初詣に行くという、日本人が一番得意なイベント好きイイトコ取り多宗教(無宗教)的な一般人だ。

 

地震予知をされる方はたくさんいらっしゃるが、情報を受信する側がそれをどう捉えるかというマインドが大切。

 

見向きもせずに全否定する

 

個人の自由なのでこの選択肢も、もちろんある。または、日常生活24時間危機管理のことばかり考えて、楽しい時間や安らぎの時間がないのも、体に悪い。なのでそれぞれでいいが、少しでも多くの人が警戒心を持ち、万一の時のシミュレーションをする。そして、家族や大切な人とも想いを共有する。それだけでいいし、多くの人がそうすることは、

 

地球を思いやる

 

ことにも繋がるはずなので、自ずと量子力学の作用で大難が小難になるということも考えられる。古代より人間は祈りを捧げるという文化があり、科学技術が発展した現代でも精神的分野はなくならない。ということは、そういうことでしょう。

 

明らかに生きている地球にとって大きな脅威の一つは原子力発電所。それは人間も含めたほとんどの生物も同じ。放射能には勝てない。とても強い放射線に近づくと10秒も体はもたない。原子力発電所に不可欠な冷却水は、膨大な熱とともに放射性物質や化学物質をともなって海に排出する。100万kWの原子力発電所の場合、約200万kW分のエネルギーを海に捨てる。このエネルギーは1秒間に70tの海水温度を7℃上昇させる。私たちに置き換えても今でも真夏は暑くてヒーヒー言っているのに、そこからさらに7℃上昇すると、

 

2018年7月23日

埼玉県熊谷市で記録した最高気温

 

41.1℃+7℃

=48.1℃ 

50℃が目の前。熱中症で救急で運ばれる人が昨年夏でも多い中、この7℃上昇の約50℃目前の『スーパー猛暑』は人間にとって大問題であることは十分理解できるだろう。海の生物たちも一緒。原子力発電所から海に放出される水で住環境の温度が7℃も上がることは人間と同じく死活問題。このように生きている地球からして悪影響である原子力発電所、そして、その悪影響を作り出す元凶の人間に対して、もし、地球に意思があるならどのように思い、どのような新陳代謝、そして、どのような行動にでるだろうか。この想像力をバカにするかバカにしないかは人生が大きく変わる紙一重の分かれ道。

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#地球 #人間 #原子力発電所 #放射能汚染 #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク