KIYO先生

教育×ITで子どもを救う

KIYO先生

KIYO teacherKIYO teacher

新学期を乗り越えていく3つのアドバイス

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ7日目です。

 

 

今日も早速、ネタバレアンサーから。 

 

新学期を乗り越えていくポイント⭐️

自分を責めない

自分を嫌いにならない

自分を大切にする 

 

今日は、明日から新学期をスタートするみんなのために、少しでもお役に立つことができればと願い、想いを綴る。

 

 

新2年生、新3年生も新しいクラスがどんなクラスかドキドキしている。あの友達と一緒だったらいいな。担任の先生誰かな。新一年生も、桜満開の中、中学校生活のスタートを胸張って、顔を上げて、空を見上げて歩き出して欲しい。どんな中学校生活になるか。どんな未来が待っているか。どんな自分になっていくのか。夢は大きく、そして大胆に、また、どデカイ笑顔で学校生活を楽しんで欲しい。

 

そんな中で、昨日から頭の中を駆け巡るキーワードがある、

 

僕が僕であるために

 

尾崎豊さんの曲であり、多くのアーティストがカバーもしてる。歌や歌詞の解釈は人それぞれで、4月の新生活にぴったりではないかもしれないが、私は、今この時期、新たな決意を胸に未来へはばたく自分の背中を力強くおしてくれる気がする。というか、シンプルにとてもいい歌。世の中は複雑で、時間の過ぎるスピードが早い。そして、多種多様な人間の中で、荒波をうまく泳いでいかなければならない。時には、喧嘩をしたり、先生に怒られたり、親に怒られたり、しんどくて大変なことがいっぱいあったり。社会って本当に理不尽で、周りは敵ばかりで、自分の気持ちなんて誰もわかってくれない、正義も通じないと思ってしまう時もある。でも、みんなに忘れて欲しくないのは、

 

自分のことを嫌いにならない

 

絶対どんなことがあっても自分のことを嫌いにならないで。最後の最後まで自分は自分の味方でいてあげて。もし、こんな自分イヤだなと思うことがあったら、それは変えればいい。自分のことを嫌いになる必要はない。人間誰もが失敗をして、ダメなところを改めて、経験を積みながら大人になっていく。自分の与えられた人生が終わるまで人はずっと勉強である。

 

明日から始まる新学期では、日々いろんなことがあるけど、

 

新学期を乗り越えていくポイント⭐️

自分を責めない

自分を嫌いにならない

自分を大切にする

=自分らしくあるために

僕が僕であるために

f:id:kiyo-blog1:20190418105706j:plain

これは自分自分で自己中心的であれと言っている訳ではない。まずは自分をしっかりと自分で守って、大切にしてあげる。自分を大切にできたら、勇気が湧いて強くなれる。そうすれば、困っている友達を助けてあげることもできる。

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク