KIYO先生

教育×ITで子どもを救う



大阪市教育人事制度の闇

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ69日目です。

 

 

 本日は、

f:id:kiyo-blog1:20190606103842j:plain

です。

 

 

今日も早速、ネタバレからで、アンサーは最後に↓

 

大阪市教育人事制度の闇

管理職が文書偽造の疑い

文書偽造の罪・刑法154条-161条の2

大阪市教育委員会文書偽造を助長

教員同士の競い合いの不利益は子どもへ

 

まずはこのニュース↓

YAHOO!JAPANニュース

教育現場に相対評価なじむか 人事評価データ書き換え 「教育の劣化進む」

headlines.yahoo.co.jp

内容の要点↓

教員の評価で順位を付けてランキングする教員相対評価。昨年度から大阪市でスタートし、教員同士が競争するシステムである教員新人事評価制度。大阪市淀川区大阪市立東淀工業高校の40代男性教員が、授業力の評価につながる生徒授業アンケートのデータを、管理職に勝手に書き換えられて低い評価を付けられた。

 

この時点で犯罪です。大阪市の教員の皆さんのために執筆。日々、子どものためにただでさえ激務で自分の人生の時間を削り、自身の健康な生命身体をも犠牲にして一生懸命業務に当たっている先生方に変わって声をあげます。声だけでなく、整えば多くの教育関係者とスクラムを組み行動に移したい。それは、

 

先生方のため

 

であり、最終、

 

大阪の子ども

大阪のミライ

 

のために。

 

管理職が文書偽造の疑い

文書偽造の罪・刑法154条-161条の2

 

【刑法154条】

詔書偽造等の罪

 

【刑法155条】

公文書偽造等の罪

 

【刑法156条】

虚偽公文書作成等の罪

 

【刑法157条】

公正証書原本不実記載等の罪

 

【刑法158条】

偽造公文書行使等の罪

 

【刑法159条】

私文書偽造等の罪

 

【刑法160条】

虚偽診断書等作成罪

 

【刑法161条】

偽造私文書等行使罪

 

【刑法161条の2】

電磁的記録不正作出及び供用の罪

 

↑文書偽造に関する刑法。教員皆さん、その家族の皆さん、上記↑の罪名をメモしたりプリントアウトして持っておいて下さい。いざという時の為に。みんなで先生方の身の安全を確保していきましょう。相手がそう出てくるなら、こちらもそれ相応の対応をしていくことは、何も悪いことでもなく、むしろ、当たり前のこと。自己防衛すら否定してしまうとただの、丸腰で相手の思う壺。自衛隊ですら戦後様々な権利行使を獲得してきました。先生方の身を守る為には、先生方自身も知識武装してスクラムを組むしかありません。この事件では教頭か校長かどちらが黒幕かはしっかり捜査しないと言及できないが、

 

一人の先生の人生

その先生の家族の人生

 

を大きく左右する大事件で、このまま世の中がスルーしては、なんでもありの世の中になり困るんです。まずは多くの皆さんに知っていただきたいし、多くの先生を守りたい。

 

大阪市教育委員会文書偽造を助長

子どもの評価は絶対評価で、頑張ったら頑張った分評価されるのに、教員の評価は相対評価??もちろん生徒と教員は違うが、学校とは、色んな先生がいて、男性の先生がいて、女性の先生がいて、LGBTの先生がいて、色んな教科の先生がいて、色んな価値観の先生がいて、、、。だから、

 

色んな子どもが救われる

 

別に自慢でもなく実際にあった話をすると、元公立学校の教師であった私、KIYO先生もある子どもから、卒業前にこのようなお手紙をもらったことがある↓

 

『自分は、哲学とかモノの捉え方、考え方がKIYO先生と似てて、今までは似た人がいなかったから、自分は世の中の変わり者と思ってたけど、俺以外にも一緒の人いるんだぁ、と安心しました』

 

そうなんです、色んな先生がいるから色んな子どもが救われるのに、ある先生が正義でその正義と定義づけられた先生の対局に位置づけられた先生は悪と評価され、生活に必要な給料が低くなる。その先生にも生活があり、守るべき家族もいる。しかし、ある先生を正義と定義づけられて対局に立ってしまったら最後。

 

そして、じゃあ正義ってなに??誰が決めるの??その評価基準は本当に公平なのか。ただでさえ、文書を偽造する管理職がいるのに、公平に先生方を評価できるのか。学校業務って目に見えないところもいっぱいあるし、他の誰の教員の目にも見えないところで、学校のために考えて動いていただいている先生もいて、学校にはなくてはならい存在の先生もいるんですよ。文書を偽造するような能力が低くて、そうゆう部分が見えない管理職がその学校にいたら、学校に貢献するその先生は悪ですか??

 

そして、この制度の元に、管理職が相対評価を必ずしなければならないから、文書偽造するんでしょ??今回の事件のように。じゃあ、その制度を非情に実行している教育委員会が助長していると言っても過言ではない。反論するなら、この事件をしっかり解決し二度と起こらないような対策を公に声高く発表して欲しい。

 

学校の先生を評価するって難しいことぐらい教育の世界の人間であれば当たり前。もちろん、「聖職」という名のもとにサボる先生もいるのも問題なので一定の評価制度は必要だと思うが、この相対評価制度は酷いし、文書偽造はお話しにならない。

 

教員同士の競い合いの不利益は子どもへ

相対評価を勝ち取る為には他の教員を蹴落とさなければならない。仲良しこよしでは、今回の事件のように、知らぬところで、ないことないこと言われて、結果評価が下がってしまっているということが起きる。

 

よく、

 

火の無い所に煙は立たぬ

 

って言いますけど、

これ全くの嘘で無意味な格言である!

 

なぜなら、

放火魔がいるから

 

だから、放火魔のせいで、

 

火の無いところに煙が立つ

 

私も経験しました。特にこの業界の多くの教員は、人の噂をネチネチグチグチと言いたがる霊性の低い人間が多い。そして、その上にこの相対評価制度でしょ??どんな職場、どんな学校になっていくのか寒気がする。周りは全て敵。何をすれば評価が上がるのか、給料が上がるのか。管理職に嫌われては評価が下げられる。余計に声を上げることができない。おかしいことをおかしいと声を上げることができない。明らかにこの宇宙の摂理に反している。先生方も生活があります。ここはとても大切なこと。もう子どものことを一生懸命考えて、子どもの心に寄り添うなんてただの綺麗事で、そうしている間に相対評価でランキング最下位になる可能性だってある。と、いうことは、この制度で最大の被害者は、

 

先生方

 

であり

 

最終的には子どもたち

 

である。令和時代は形勢逆転の時代。人の想いを踏みにじる教育委員会は今までより早くそのブーメランが自分たちに返ってくる。頭いいんですから、それもわかってやってるんですよね??その刃をどのように受け止めるのかを皆さんでよく見届けましょう。

 

大阪市教育人事制度の闇

管理職が文書偽造の疑い

文書偽造の罪・刑法154条-161条の2

大阪市教育委員会が犯罪を助長

教員同士の競い合いの不利益は子どもへ

=このまま行けば大阪の教育は終幕する 

 

#相対評価 #人事制度  #文書偽造 #刑法 #大阪市教育委員会 #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク