KIYO先生

教育×ITで子どもを救う



放射能汚染土の真実

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ60日目です。

 

 

本日は、

f:id:kiyo-blog1:20190529070219j:plain

です。久々のBlock the Radiationコーナー。

 

 

Block the Radiation

放射線をブロックせよ

 

 

という思いで名付けた。今日も早速、ネタバレからで、アンサーは最後に。

 

 

放射能汚染土の真実

汚染土は横浜市だけではない

低年齢の子どもが危ない

一人一台放射線測定器を持つ時代

 

 

本日も本当に泣きそうになるニュースから↓

YAHOO!JAPANニュース

「保育園・学校に埋めた放射能汚染土の移設を 横浜市に要望書、署名も提出」

要点をまとめると、東日本大震災での福島第一原発事故後、放射性物質に汚染された土壌が横浜市内の保育園300園、市立小中学校4校の敷地内に埋められたままとなっている。しかも、埋められた正確な場所が分からなくなっている例もある。

 

横浜市行政担当の皆さん!

横浜市で選挙権を有する皆さん!

大人の皆さん!しっかりしましょう!

 

放射線は若い人ほど影響を受けやすい。しかも保育幼稚園児・小学生は特にまだまだ砂場で遊んだり土に触れる事が多い。私・KIYO先生も幼少期によく砂場で遊んだ。山崩しをしたりお団子を作ったり、相撲をしたりと土まみれになって遊んだ。特に昭和を生きてきた大人の皆さんであれば分かるはずである。その大人が何をしているのか。

 

・低年齢ほど放射線の影響を受ける

・低年齢ほど土に触れる機会が多い

横浜市の同保育園で2人のお子さんが白血病発症

 

本当に病気のお子さんのお体が良くなる事を遠くの地からお祈り致します。そして、同じ過ちを起こさない為にも、美しい日本にしていく為にも、日本全国の選挙権を有する大人の目が少しでも覚めるように、私ができる事をしていきたい。同じ保育園で2人白血病が発症する確率は、

 

その保育園に10万人いる計算

 

この時点で福島第一原発での事故が原因って言って良いでしょう。もちろんこういう議題の際に鬱陶しいのが、放射線は見えない為、科学的因果関係を証明できないこと。それを良いことにこういう体たらくだ。逆にその他の因果関係を証明して欲しい。できないのであれば、この確率での病気の発症が十分な根拠だし、現にお子さん2人のお体に大きな変化が見られているんです。此の期に及んで、大人が四の五の言うべきではない。めっぽう放射線に弱い我々生物。特に低年齢の子供には影響が大きい。普通に考えても保育園・小中学校に放射能汚染土を埋めないですよね。どういう思考回路でこうなるんでしょうか。泣けてきます。日本はなぜこのような事が平気でできる大人が増えたのだろうか。

 

この国のミライを担うのは

子どもたち

 

その子どもたちを守れない、子どもたちを犠牲にする大人たち。大人が子どもたちに何て説明するんですか。横浜市は、市内の小中学校から1万Bq/kgを超える汚染が何ヶ所も見つかっている。

 

1万Bq/kgは

チェルノブイリ原子力発電所事故では

強制避難区域に匹敵する汚染

f:id:kiyo-blog1:20190426123734j:plain

横浜市でさえこの汚染。ではそれよりも近い地域は???しかし、東日本大震災での福島第一原発事故の時、多くの東京の友人・知り合いは、

 

大丈夫大丈夫!

メルトダウンでしょ〜笑?

みんなでいたら怖くないよ!

 

過去記事↓にも書いたが、多くの人が口を揃えて思考停止で第六感もはたらかず、かつ、他人の生命をも無責任で奪うような無根拠な言葉を多く耳にした。

※過去記事参照↓

Block the Radiation-原発事故対策-

f:id:kiyo-blog1:20190529071445j:plain

これは横浜市だけの話ではないはず。全国各地に汚染土が保管されていると危機意識をもっておいた方が良い。原発事故や放射能については大袈裟ぐらいがちょうどいい。本当は、国民を守る事が仕事でお金をもらっている人たちがしっかりしてくれれば、お任せしておければ良いのだが、もう皆さん分かってますよね。横浜市でも1万Bq/kgを超える汚染なんですよ。普通に関東にも降り注いだんですよ。でも政府も誰も教えてくず、パニック回避優先、コマのような働きアリ労働者たちを逃すことなく、経済活動を優先させたんですよ。この事実を多くの人が知っても、何も動かない国民。だから、権力者のやりたい放題がまかり通る。平成の時代に政治はやりたい放題してきた。そして、多くの国民も見て見ぬ振り、政治をスルーしてきた。そのつけが必ず令和の時代に自分たちに返ってくる。今から考えても恐ろしい。私は安心して安全に生活できる国になって欲しい、ただそれだけ。そして、子どもたちにも美しい国を引き継ぎたいだけ。右とか左とか議論している時間もない。

 

悲しいことに一人一台放射線測定器、ガイガーカウンターを持たなければならない時代。最低でも一家に一台。でなければ自分と愛する家族は守れない。このBlock the Radiationで次なる原発事故に備えて、万一の際、多くの人のお役に立てればと思います。令和時代は容赦ない時代です。地震などを中心とした自然災害はさらに猛威を振るう。そしてさらなる原発事故。さらに大きな運命の分かれ道がくる。あの東日本大震災の時のように。しかし、怖がってはいけません。恐怖の感情で頭を埋め尽くすと直感が働かない。どうか、日頃から多くの情報を入手し、私たち国民レベルで手を取り合い助け合っていきましょう。 そして、中々忙しい皆さんに変わって、私がここで発信していきますので、これからもよろしくお願いします。

放射能汚染土の真実

汚染土は横浜市だけではない

低年齢の子どもが危ない

一人一台放射線測定器を持つ時代

=市民レベルで力を合わせて自分たちの身は自分たちで守る時代

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#東日本大震災 #福島第一原発事故 #横浜市 #放射能汚染土 #放射線 #ガイガーカウンター #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク