KIYO先生

教育×ITで子どもを救う


地震予知 2019 令和編

こんにちは。

 

ブログ39日目です。

 

 

今日も早速、ネタバレアンサーから↓

 

地震予知2019続編

5月は注意

また東日本?

  

本日はブログでは久々だが、TwitterInstagramでは注意報を発信している地震についての続編。地震については2回の過去記事も確認して欲しい👇   

kiyo-blog1.hatenablog.jp

 

 

kiyo-blog1.hatenablog.jp

私なりの研究と、祖父の五十回忌法要&東日本大震災原発事故経験で開花した少し不思議な力を合わせて、次の大きい地震震源地は現段階で、

 

東日本??

  

と感じている。そして原子力発電所も良くない方向に。今に始まった事ではないが。。

 

私は全国どこでも震度1以上の地震が発生すると、地震通知が来るように設定しているが、最近また東日本の地震をよく目にする。

 

青森県東方沖

岩手県

宮城県

茨城県

 

また、つい先日の不思議な話。夜中に地震の通知がきたから見てみると、

 

関東沖震度2

 

嫌なところが揺れたなと見て確認しようとしたら、

 

あれ?地震一覧にない!

 

今だに何回確認しても『関東沖地震』が一覧にはない。とても不思議な感覚に襲われている。以前にも申し上げたが、◯◯大震災という名称がつくような事象が近々で起きるかと言われたら、そこまででもないように感じる。しかし、とても注意が必要な5月。この嫌な予感がもし地震じゃないとしたら、何の信号を受信しているのだろう。しかも、4月中旬から10連休前あたりまではしっかりと迫り来る足音が聞こえていた。10連休中はさすが皇室祝賀週間とのことでいったん足音はストップしていた。そして、TV・新聞の演出も含めて、多くの日本人が改元を祝った。改元を利用してのただのパーティー感覚の人もいただろうが、それはそれでアリということと、これも一つの量子力学。さすが、一応は多くのハッピーな感情の量によって、そして、改元という良い意味でも悪い意味でも、国にとっては大切な行事週間ということもあり地震は起こらなかった。まあ、これも想定内。しかし、裏では着々と予定通り進んでいて、嵐の前の静けさ。そして、

 

令和時代幕開けの合図

 

北朝鮮ロケット発射

 

1回目の、あの米朝首脳会談のニュース映像を見ただけで分かったが、あの映像で騙された人が多かった。身近な人には話していたが。

 

これで騙されたらアカンで

 

と。その通り、2回目の米朝会談決裂。でしょうね。1回目のあの会談の映像見たら分かります。そして、10連休終盤の北朝鮮ロケット発射。以前よく見た懐かしい双眼鏡を持った写真の報道。そして予定通りの日米電話会談。とても分かりやすくドラマが進んでいる。

 

このドラマの台本はもう変えることがやはりできないみたいだが、もしかすると地震やその他の自然災害によって、反転の反転による浄化作用で痛みを伴うが結果、魂レベルだが良い方向に向かうということはあるかもしれない。

 

少しでもこの国が良い方向に進んでほしいが。

 

北朝鮮だけでなく様々な事象から令和時代の本性が徐々にこれから見えてくる。

 

地震

噴火

自然災害

経済低迷 

 

そして、和歌山の震源も気になる。。。

f:id:kiyo-blog1:20190508130342j:plain

 

地震予知 2019 令和編

5月は注意

また東日本?

和歌山も気になる

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#東日本大震災 #南海トラフ #中央構造線 #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ