KIYO先生

教育×ITで子どもを救う



地震予知 2019 台湾地震編

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ19日目です。

 

本日は緊急発信です。

 

 

また本日も、まず、ネタバレから↓

f:id:kiyo-blog1:20190610133029j:plain

 

地震予知 2019 台湾地震

日本での大きな地震に警戒

時期:4月中旬〜5月にかけて

 

台湾の中央気象局によると、2019年4月18日13時1分、台湾東部・花蓮県震源とするマグニチュード(M)6.1の地震が発生。震源の深さは18.8キロ。同県の一部で震度7を観測。

 

台湾の皆さんは日本が危機に直面した時、いつも暖かい手を差し伸べてくれる。今回の地震で被害に遭われた方は少ないとニュースで見ているが、台湾の皆さんの心が一日でも早く落ち着き平穏な日々が戻りますように。昨夜お祈りしました。

 

そして、

 

今後の自己分析の為、備忘録としてここに残す。

 

 

【KIYO先生の動き】

4/17(水) 7:00起床。地震発生の危険を察知。

4/17(水) 日中、地震警戒の記事執筆。

      18日(木)0:00日時指定で投稿予約。

4/18(木) 0:00『地震予知 2019 阿蘇山噴火編』

       ※タイトル後日変更

                   自動アップ

kiyo-blog1.hatenablog.jp

4/18(木) 0:09記事アップをTwitterでツイート

f:id:kiyo-blog1:20190419075654j:plain

4/18(木) 7:00起床。未発表記事『直感』執筆。

4/18(木) 13:01台湾で震度7地震発生

 

地震予知しましたとかではなく

 

とにかくTwitterでも呟いたし、過去の記事↓でも言及しているが、

kiyo-blog1.hatenablog.jp

令和時代のスピードが早い

 

厳密にいうとまだ平成だが、年度始まりは4月なので、もう令和といっていい。もう悠長に今が平成だの令和だの議論している時間はない。確実に言えることは、次代を意識し、しっかりイメージをもって前進していかなければならない。やはり、思っている以上に新時代のスピードは早いようだ。今回のことで、私が令和時代を考えたときに頭に浮かんだイメージ(※これも過去記事に書いてますが、またまとめます)は間違ってなかったと思えたし、私の感覚よりもスピードが早いので、常識では理解しにくい何か大きな存在に、お前まだまだだな、と頭を小突かれた感覚だ。

 

一応、言及すると、私は特に霊感があって何でもかんでも未来がわかりますという人間では全くないが、

 

祖父の五十回忌法要

東日本大震災被災

 

がキッカケで、少し、一般的にいう霊感のようなものがほんの少し目覚めた気はしている。詳しくは、また然るべきタイミングでお話しする時がくれば記事にしたいが、祖父の五十回忌法要での不思議体験と、東京で東日本大震を経験し、身近な環境で原子力発電所が爆発して人生で初めて命の危険を感じたところから変わった。この分野に関して、私は生まれつき全くそういう能力もないただの凡人であったが、人生を振り返ってみると、私の近い周辺には、そういう環境が多かった気がする。

  

私は不思議な体験と東日本大震災で世の中や世界、人の見方が変わった。言葉では表現しずらいが、ちょっと、くだけていうと、なんか少しわかるんですよね、色々。でもそれは、多くの人よりほんの少しだけ、第六感のアンテナが敏感なだけという表現が一番近い気がする。

 

そして、第六感だけでなく、しっかりと歴史学統計学量子力学に基づいて、日々私なりに様々な研究を積み重ねていることもあって、今回、地震警戒の記事を書いた。ただ、『阿蘇山噴火から見える未来』の記事でも具体的な地震発生日時や場所についてなんか全然言及してないので、

 

ただの偶然

 

と思われても全然構わない。まあ、信じて欲しいとかではなく、自分の中ではわかるじゃないですか。ああやっぱり、とか、虫の知らせとか。そんな感じです。

 

 

この話はこの辺にして、

 

 

再度、

地震警戒について追加発信↓

 

理由の1つ目

阿蘇山噴火

これは前回の記事でもお伝えしているので、もう少し追加して。

👇の2つの画像を見てください↓

f:id:kiyo-blog1:20190419101123j:plain
f:id:kiyo-blog1:20190515155916j:plain

震源地がフィリピン海プレートに沿ってどんどん日本に近づいています。阿蘇山噴火も含めて説明すると、

 

① フィリピン海プレートユーラシアプレートに沈み込む

② ①の反動でインドネシア地震

③ ①によりフィリピン海プレート南海トラフフィリピン海プレートユーラシアプレートの境界)にも沈み込み、中央構造線にプレッシャーがかかることで、中央構造線上の阿蘇山が噴火。

④ ①の反動で台湾で地震

⑤ ・・・・・・・・・・。 

 

全て繋がっている。 

 

理由の2つ目

5月1日元号改元

今までの歴史学統計学量子力学上から考えたときのもう一つの地震警戒の理由。

 

政治や時代が変わるときに地震は起きやすい

 

続きは前回の記事参照↓ 

kiyo-blog1.hatenablog.jp

ただ、私も場所や日時などの詳しいことはわかりません。でも、嫌な予感はしてます。そして、大震災級の地震かと聞かれると、そこまででもないようにも感じる。しかし、令和は容赦しない性格をもち合わせているので要注意ではある。そして、この予感は外れた方が絶対いいのです。いいに決まってます。私も地震はいやです。こうやって記事にする理由は、不安を煽っているのではなく、量子力学に基づいています。この記事が多くの人に読んでいただけて、多くの人が警戒心をもてば、もし、ある程度決まっている未来というものがあるなら、この量子力学の作用で変えることができるかもしれません。

 

そして、前回と同じ文章、

 

備えあれば憂いなし。できればそのような未来が来ないように祈り、この記事を終える。

 

地震予知 2019 台湾地震

日本での大きな地震に警戒

時期:4月中旬〜5月にかけて

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#台湾地震 #フィリピン海プレート #阿蘇山噴火 #中央構造線 #令和 #改元 #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク