KIYO先生

教育×ITで子どもを救う



子どもの前で先生を怒る先生

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

ブログ49日目です。 

 

 

今日は、

f:id:kiyo-blog1:20190515122042j:plain

です。

 

 

まずはネタバレアンサーから、

 

子どもの前で先生を怒る先生

業務妨害罪 刑法233、234条

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

本日も学校の先生からのお悩み相談について。今回も許可を得た上で必要な部分のみ掲載。

 

 

相談内容一部掲載

心機一転、新年度頑張っていこうとしていた4月スタートしてすぐの話です。保護者から学校にクレームがありました。それは、『◯◯先生(相談者の先生)は、昨年、学年主任の△△先生に事あるごとにいつも怒られてばかりで、頼りないし不安という話を子どもから聞きましが、◯◯先生って本当に大丈夫なのでしょうか?』という内容のものです。

 

 

とても心が痛い。もし、これを読んでいただいている学校の先生、もしくは学校での勤務経験がおありの方も同じく悲しい気持ちになりますよね。4月という気持ちよく新しいスタートを切ろうという矢先に、まさか同業者で仲間であるはずの、そして、『聖職』という職業の教師に邪魔されるとは。私、KIYO先生も元公立学校の教師だったので、◯◯先生の心中お察しします。一般の方や保護者の方々は、もしかしたらあまりよく分からないかもしれないが、このように先生が先生を蹴落とすような事案は学校現場では日常茶飯事です。私は直接的に大きな被害に遭遇したことはほとんどないが、少しは被害にあったし、実際、たくさん目撃した。

 

 

校内放送である女性のA先生が、

『💢B先生💢、今すぐ職員室に、来なさいっ!!!💢

 

 聞いた瞬間呆れた。上記の絵文字でも少しは伝わったと思うが、とても語気を荒げてヒステリックな校内放送。

 

いやいや、アナタ、それ今自分が何したか分かってる????

 

この校内放送教員も40代以上の教員。B先生は何か悪意をもって学校教育現場でわざと邪魔をしたり、他の教員の悪口を言ったりするような人ではなかったが、少し周りに理解されにくい言動をされる場面もある女性の先生。しかし、だからといって、A先生がイライラして学校内の教職員と子ども全員、周辺地域にいる方々全員が聞こえるような放送をする権利は全くない。B先生にいつもイライラしていて、何かわかって欲しいことがあるのなら、先輩として、優しく教えてあげて、フォローしてあげるのが先輩教員としてのマインドでありプライドである。私は、どんなに疑問をもってしまうような後輩の先生でも、力になって優しく寄り添い、声を掛けてあげることを心掛けて実践した。教員としてというか、人間として当たり前で大切なことと考えるから、そうしてきた。そして、訳の分からない支離滅裂な先輩教員には怯まずに真正面から戦った。

 

先輩という立場を楽に利用し、上から後輩を下にみて、偉そうにしかできない先輩教員は、もちろん子どもに何も伝わらない。後輩教員に苦言を呈することしかできない堅物教員は、子どもからもバレている。本当に被害に遭われた先生の御心が1日も早く癒され、元気に子どもたちと学校生活を送れるように応援します。

 

教師という職業をしていながら、とにかくこのように冷たく人に当たったり、自分の都合のいい人間だけを矢面に吊るし上げて攻撃し、都合の悪い人間の悪行に対しては黙認する年配教員はいる。私は戦いました。そのような人間を一人変えただけでは世の中の学校現場と日本の教育がいい方向に変わるとは思わないが、おかしいことはおかしいと声をあげる。これを辞めてしまったら、今の時代、とことん多くのことを諦めて生きずらい道を自ら選択することを意味する。

 

とは言え、本当に全国でこのような、先生が先生を子どもの前で罵倒するという案件は日常的に無神経な教員によって行われ、先生が自分たちで足を引っ張り合っている。とても多感な時期の子どもたちが、大人と大人の衝突を目の当たりにし、不要な不安に陥り、もちろんその声は保護者にも届くので、保護者からも信頼されない。これは、本当に全国的に改善しないといけない。

 

 

業務妨害罪 刑法233、234条

威力を用いたりして他人の業務を妨害することによって成立する犯罪経済社会における人の経済活動の自由を妨害する犯罪であり、財産的利益と人格的利益とを保護することが処罰の理由。

子どもの前で先生を怒る先生

業務妨害罪 刑法233、234条

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

=全教員がここまで意識して財産的利益と人格的利益を守る 

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#ここが変だよ学校の◯◯ #先生が先生を怒る #信用失墜行為 #業務妨害 #刑法 #刑法233条 #刑法234条#フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク

 

地震予知 2019 途中経過編

スポンサーリンク

 

 こんにちは。

 

ブログ48日目です。 

 

 

今日も早速、ネタバレアンサーから。

  

地震予知 2019 途中経過編

5月はまだ一応要注意

四国地方〜九州地方

宮城県〜千葉県

 

そして、地震や火山噴火における最近のキーポイントをまとめておきます。

 

地震予知 2019 途中経過↓

f:id:kiyo-blog1:20190515225908j:plain

 という事で、この先、5月に大震災が日本を襲いかかるという感じは現段階ではなさそう。。。そして、これはヤバ〜いという大警戒ですという感じも少し柔いだが、依然として一応ではあるが、今、よく揺れている、

 

日向灘

 (九州)

宮城県

福島県

茨城県

(千葉県)

 

あたりは注意しておいた方がいいですね。

 

しかし、このように安心していると落とし穴にはまり、不意を突かれることも多々ある。だから難しい。まだ、日向灘宮城県〜千葉あたりがしつこく揺れてますね。日々変化するので、またニュアンスが変わり次第、すぐにこちらのブログか、Twitterでお知らせします。令和時代について前回までにも書いてきたが、2019年、ここから、2020年、2021年と日本は右肩下がり。国際関係も経済も自然災害も。令和は残酷で冷酷で容赦ない性格。個々の今までの生き方や考え方が露骨に反映し人生の分かれ道となっていく。そして、福島第一原発か、また別の原発かは分からないが、原発事故も再度起きる。しかし、それは前回のようにTV・新聞等のオールドメディアでは報道規制され、国民が知らないところで危機が進行する可能性が高い。そしてニューメディアであるSNSでも、前回よりはチカラがはたらき、情報統制が敷かれる可能性を十分に想定しておかなければならない。あとは、

 

第六感

 

を信じる。元々、人間も持ち合わせていたこの第六感を失っている人が多い。我々の先祖は大自然の中で自然に手を合わせて祈り、自然と地球に感謝して共に生きてきた。しかし、その心はほとんど今は無いに等しい人間が大多数を占め、権力に縛られ、とにかく日々を忙しく労働という時間で人生が過ぎていき、何かに疑問をもつというチカラを奪われてきた。家に帰ってはTVを見て、おもしろおかしいバラエティーや音楽で気を紛らわせ、IT革命以降のYouTubeTwitter等々もその一部という意味合いが強い面もある。

 

東日本大震災福島第一原発の際、東京の多くの友人が、

メルトダウンでしょ?』

『大丈夫でしょー!』

『家で一人でいるから怖いんだよ〜!出勤したらみんないて安心だよ!』

 

私は悪魔の囁きに聞こえた。放射線は目には見えない。微粒子となって風で飛んでくる放射性物質もほとんどの人間が分からないのに、無根拠の大丈夫の言葉。ここでまず、大きく人種が分かれたかのうように思えた。

 

統計学的に分析してみると、大丈夫という友人のほとんどが、

・仕事上避難できない

・東京で購入した自慢の土地と家のローンが残っている

・日本の首都東京で働いているという優越感を失いたく無い

・そもそも第六感を失っている

・疑問をもっておかしいことはおかしいと言えなくなっている

 

といったところであった。そして、以前の記事でも書いたが、東京にも放射性物質が降り注いだ  

f:id:kiyo-blog1:20190424154217j:plain

 

f:id:kiyo-blog1:20190424154157j:plain

南相馬市立総合病院の患者数

原発事故前と比べて成人甲状腺がんは29倍、白血病は10倍に上昇

  

私は自分の第六感を信じてこの災難を逃れた。急性放射性障害になる値ではなかったが、呼吸等で放射性物質を肺に取り込んでしまったらどうなるか。あとは自分のために各自で調べて欲しい。そんなバナナとここでシャットダウンしてしまう人はそこまで。少々キツい言い方だが、聞く耳が無いというのはそういうこと。

 

地震については細かくこれからも点を拾っていきます。そして、出来るだけ多くの人の危機管理に私はなれるように精進する。

 

皆様には話半分でもいいので、参考にコイツの戯言を聞いてやろうという上から目線で全然構わないので、是非、危機管理の一部にしていただけたら幸いである。

 

地震予知2019途中経過編

5月はまだ一応要注意

四国地方〜九州地方

宮城県〜千葉県

 

Instagram▶︎@kiyo_teacher

Twitter▶︎@kiyo_teaher

#阿蘇山噴火 #台湾地震 #日向灘 #東日本大震災 #福島第一原発 #フリーライター #不登校 #お悩み相談 #学校改革 #働き方改革 #地震予知 #原発事故 #社会情勢 #フリーランス

📮ライティングのお仕事依頼

📮学生さん・親御さん・教員のみなさんの無料お悩み相談

👉お問い合わせフォーム、TwitterDMからお願いします。 

最新記事一覧へ

 

スポンサーリンク